▼用語詳細
道路法
(ドウロホウ)

道路法は、「道路網の整備を図るため、道路に関して、路線の指定及び認定、管理、構造、保全、費用の負担区分等に関する事項を定め、もって交通の発達に寄与し、公共の福祉を増進すること」を目的として制定された法律です。

道路法では、道路の種類を「高速自動車国道」「一般国道」「都道府県道」「市町村道」の4つに分類し、道路の管理、費用、監督等についてのルールを定めています。

⇒用語集の目次に戻る