▼用語詳細
廃棄物処理法
(ハイキブツショリホウ)

廃棄物処理法の正式名称は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」であり、「廃掃法」と略されることもあります。

1970年に従来の「清掃法」を全面的に改めて制定された法律であり、「廃棄物の排出を抑制し、及び廃棄物の適正な分別、保管、収集、運搬、再生、処分等の処理をし、並びに生活環境を清潔にすることにより、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図る」ことを目的としています。

廃棄物処理法では、廃棄物を「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に区分し、それぞれの処理におけるルール等を定めています。

⇒用語集の目次に戻る