▼用語詳細
新・担い手3法
(シンニナイテサンポウ)

建設業の担い手の中長期的な育成・確保を目的として、令和元年に国会で可決されたのが「新・担い手3法」です。
「新・担い手3法」は、建設業に関係する3つの法律の改正法をまとめた呼び方です。

■公共工事品質確保促進法(品確法)
■建設業法
■公共工事入札契約適正化法(入契法)

以上3つの法改正により、建設業の「働き方改革」「生産性の向上」「調査・設計の品質確保」「持続可能な事業環境の確保」の推進を目指します。

⇒用語集の目次に戻る