▼用語詳細
BIM/CIM
(ビム/シム)

BIM/CIM(ビム/シム)は、「Building/Construction Information Modeling」の略称です。
インフラ分野のデジタル・トランスフォーメーションの一環として、国土交通省が取り組みを推進しています。

BIM/CIM対応ソフトを使うと、コンピュータ上で三次元のモデルを作成できます。
作成したモデルには、形状の情報だけでなく、空間の名称や面積、材料の仕様など、意味や数値の情報を持たせることができます。

BIM/CIMの目的は、作成したモデルを関係者間で共有することで、調査・設計・施工・維持管理といった、建設生産システム全体の効率化・高度化を図ることです。

⇒用語集の目次に戻る