新しい職場への不安を解消するには?|転職先に早く馴染む5つのコツをご紹介!

目次

転職が決まり、新しい職場で仕事を始める時には、ワクワクする気持ちと同じくらい、「ちゃんと馴染めるかな?」と不安な気持ちも生まれますよね。


そこでこの記事では、新しい職場に馴染みづらい人・馴染みやすい人の特徴と、早く馴染むためのコツをご紹介していきます。転職を控えている方も、今まさに「新しい職場になかなか馴染めない」と悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみて下さいね。


新しい職場に「馴染みづらい人」の特徴

まずは、転職者を迎える立場の先輩社員から見て、「こんな人は職場に馴染みづらい」という特徴を聞いてみました。


●挨拶をしない

単純ですが、挨拶をしない人は、自然と職場で孤立していくと思います。


自分から挨拶をしないだけでなく、こちらから「おはようございます」と声を掛けても無反応だったりすると、当然悲しいですし、「この人には声を掛けないようにしよう」と思ってしまいます。


一緒に働く仲間として、せめて挨拶はしてほしいですね。


●仕事のやり方を変えない

「前の職場ではこうやってました」と言って、頑なに自分のやり方を変えない人は、ちょっと困りものですね。


慣れた手順で仕事を進めたい気持ちは分かりますが、会社によって仕事のルールや優先順位は異なります。うちのルールを理解した上で、「こんなやり方もありますよ」と提案してくれるのはOKですが、最初からルールを無視されてしまうと、扱いに困るというのが正直な気持ちです。


●質問をしない

分からないことがあった時に、「これはどういうことですか?」と質問しない人は、仕事に慣れるまで時間が掛かると思います。


疑問を残したまま、自己判断で仕事を進められてしまうと、後々大きなミスに繋がることもあります。新しい仕事は、分からないことがあって当然なので、積極的に質問してほしいです。


●人の話を聞かない

話をきちんと聞いてくれない人は、接しづらいなと感じます。


仕事を教えている時に上の空だったり、説明を途中で遮ったり、こちらの話に「でもそれは~」と必ず反論したり……「話を聞かない」人といっても色々なタイプがありますが、いずれにせよ「この人と話すのは疲れるな」と思ってしまいます。


●仕事に対する意欲を感じない

仕事に対して、あまりにもやる気を感じられない人は、なかなか職場に馴染めないと思います。


遅刻や居眠りが続く、必要以上に時間を掛けてダラダラ仕事をするなど、不真面目な態度の人がいると、職場全体の士気も下がってしまいます。また、言われたことをやるだけで、自発的に動かない人なども、あまり良い印象は持たれないと思います。


上記の特徴に共通するのは、「自己中心的で、相手への敬意がない」点だと言えます。仕事は1人で完結するものではなく、誰かの協力が必要不可欠です。だからこそ、一緒に働く仲間のことを考えない人は、なかなか職場に馴染めないでしょう。


新しい職場に「馴染みやすい人」の特徴

次に、転職者を迎える立場の先輩社員から見て、「こんな人は職場に馴染みやすい」という特徴を聞いてみました。


●積極的にコミュニケーションを取る

元気に挨拶をしたり、自分から積極的に話しかけたりする人は、職場に馴染むのが早いと思います。


新しく入社した人が緊張するのは勿論ですが、実は先輩社員たちも「この人はどんな人なんだろう?」とドキドキしているので、自発的にコミュニケーションを取ってくれる人だと、とても安心します。


●素直に話を聞く

説明やアドバイスを素直に聞く人は、教える側として、すごくありがたいです。


また、話を聞く時に相槌やリアクションをしたり、メモを取ったりしてくれると、「自分の話をきちんと聞いてくれている」と感じるので、教えがいもあります。そういう人は、仕事を覚えるのも早いと思います。


●話しかけやすい

話しかけた時に、こちらをきちんと見て受け答えする人は、好感度が高いです。


こちらの声掛けに対して、誠実に対応してくれると、「この人には話しかけやすいな」と感じます。また、頼み事をした際などに「何かあれば、また声を掛けて下さい」と言ってくれる人は、自然と周囲の信頼も得ていると思います。


●思いやりがある

一緒に働く仲間に対して、思いやりを持って接する人は、好かれやすいと思います。


誰かが困っている時に「何か手伝えることはありますか?」と声を掛けたり、逆に自分が助けられた時は「ありがとうございます」と感謝を伝えたり。そういう小さな積み重ねが、信頼に繋がるんだと思います。


●仕事を学ぼうという意欲を感じる

自発的に仕事を覚えようとする人は、やはり教えがいがあります。


業務に必要な知識を自分なりに勉強する、疑問点を積極的に質問するなど、「仕事を学ぼう」という姿勢が感じられる人は、仕事を覚えるのが早く、ひいては職場に馴染むのも早いと感じます。


これらの特徴をふまえると、新しい職場に早く馴染むためには、一緒に働く人たちから「この人は仕事仲間として信頼できる」と思ってもらえるかどうかが、重要だと言えそうです。


新しい職場に早く馴染むためのコツ

では、仕事仲間からの信頼を得るには、具体的にどうしたら良いのでしょうか。ここでは、そのコツを5つに絞って解説していきます。


基本のコミュニケーションを大切にする

新しい職場に「馴染みやすい人」の特徴として挙げられていたように、積極的にコミュニケーションを取ることは、職場に馴染む上で非常に重要です。とは言え、「自分から先輩に話しかけるのはハードルが高い」と感じる方も多いと思います。


そこでおすすめしたいのが、下記のような基本のコミュニケーションを、日頃から大切にすることです。

●職場で誰かと顔を合わせたら、自分から挨拶をする
●誰かに声を掛ける時は、「すみません」ではなく、相手の名前を呼ぶ
●業務の報告・連絡・相談は、こまめに行う


まずはこの3点に気を付けるだけで、あなたに対する印象はアップするはずです。もちろん、相手にきちんと聞こえないと意味がないので、挨拶や声がけをする時は、相手に伝わりやすい声量を心がけましょう。


最も重要なのは、これらを継続して行うことです。基本のコミュニケーションを積み重ねることが信頼獲得に繋がるので、習慣として身につくまで、意識して続けてみて下さい。


新しい職場のルールを覚える

会社には、就業規則をはじめ、様々なルールが設けられています。その内容は会社ごとに異なるので、新しい職場のルールをきちんと確認し、覚えていきましょう。


それぞれのルールには、守るべき理由があります。過去に起きたトラブルを繰り返さないために設定されたものや、社員の要望を取り入れて設定されたものなど、入社直後では分からないような背景をもったルールもあるはずです。


「前の職場ではこうだった」という自己判断で動かず、マニュアルや社内資料をしっかり確認し、不明点は周囲に質問しながら、新しい職場のルールに慣れていきましょう。


分からないことは積極的に質問する

新しい職場では、分からないことがたくさんあって当然です。大切なのは、それを「分からないまま」にしないこと。疑問にぶつかった時は、その都度質問し、解決することを心がけましょう。


教わったことはしっかりメモを取り、後で必要になった時いつでも見返せるよう、分かりやすい場所に保管しておきましょう。また、教えてくれた相手には、必ず感謝を伝えましょう。


質問をすると会話が生まれ、コミュニケーションにも繋がります。「雑談をするのは苦手」という方は特に、質問を通してコミュニケーションを図ってみて下さいね。


アドバイスは素直に受け入れる

「こうすると良いですよ」「この点に注意して下さい」といったアドバイスを受けた時は、素直にそれを聞き入れて、教えてくれたことに対する感謝を伝えましょう。


その職場で長く働いている人たちの方が、その職場での仕事に詳しいのは当然のこと。アドバイスに従うことで、仕事の効率が上がるなど、恩恵を受けられることがほとんどです。


もし前職と似た業務内容であっても、「前の会社ではこうやってました」と反論せず、まずはアドバイスを受け入れましょう。その上で、より効率的なやり方があると感じた場合は、会社のルールに沿った形で、改善提案として相談してみることをおすすめします。


自発的に仕事を学ぶ

仕事に関わる知識については、教わるのを待つだけでなく、自分から学ぼうとすることも大切です。


その際は、書籍やネット等で自分なりに調べてみることに加え、「こういうことを勉強したいのですが、社内に関連資料はあるでしょうか?」と聞いたり、先輩はどうやって知識を増やしていったのか質問したりと、周囲に働きかけてみることをおすすめします。


そうすることで、新しいコミュニケーションが生まれるだけでなく、あなたの仕事に対する意欲も周囲に伝わります。前向きで意欲的な姿勢は、信頼獲得に繋がるので、ぜひ挑戦してみて下さい。


仕事仲間に敬意を持ち、信頼される人になろう

仕事を進めていくには、一緒に働く仲間の協力が必要不可欠です。特に入社直後は、先輩があなたをフォローしてくれる場面が毎日のようにあると思います。それを「当然のこと」で済ませるのではなく、相手に対する感謝と敬意を持つことが、何よりも大切です。


その気持ちを行動や態度で示すことが、仕事仲間からの信頼を得る一番の方法です。出来ることから1つずつ実践し、継続することで、自然と職場にも馴染めるはず。この記事を読んで下さった方が、新しい職場でいきいきと活躍できるよう、心から願っています。