▼用語詳細
元請け
(モトウケ)

元請けとは、発注者から直接工事を請け負う業者のことです。
なお、元請けから工事の一部を請け負う業者のことは「下請け」といいます。

建設工事を請け負う場合は、建設業法に基づき、原則として建設業許可を受ける必要があります。4,000万円(建築工事業の場合は6,000万円)以上の工事を元請けとして請け負うためには、建設業許可の中でも「特定建設業」の許可を受けなければなりません。

元請けとして工事を請け負うメリットとしては、
・工事の価格や工期などについて、発注者と直接交渉できるので、下請けよりも有利な条件で契約しやすい
・工事の一部を下請けに依頼することで、自社だけでは不可能な依頼も受けられる
といった点が挙げられます。

⇒用語集の目次に戻る