施工管理のホワイト企業の探し方は?|転職成功のポイントもご紹介!

目次

「施工管理の仕事は好きだけど、もっとホワイトな環境はないの?」
「興味はあるけど、ブラックと聞いて心配になってきた……」


施工管理の仕事をしている方や、少しでも興味のある方なら、一度はこんなことを考えますよね。
施工管理は、目に見える成果が得られるため、やりがいや達成感を感じやすい反面、拘束時間が長い場合や土日出勤となる場合もあり、「ブラックな仕事」と言われてしまうこともあります。


この記事では、「施工管理でホワイトに働きたい」と思っている方のために、ホワイトな仕事の探し方や、転職成功のためのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


ホワイトな施工管理の仕事とは?

「ホワイトな施工管理」と一言でいっても、その定義は人それぞれですよね。
給与に満足していれば、残業が少々多くてもホワイトだという人がいる一方で、残業が少なく休みがしっかり取れれば、給与は二の次だという人もいます。


そのため、まずは自分が譲れないポイントと、そのボーダーラインを設定しておくことが、自分に合ったホワイトな施工管理の仕事を探す上で重要です。


とはいえ、休みの多さや福利厚生など、求めるものを挙げていけばキリがないものです。 数ある条件の中から、特に何に注目すれば、より自分の希望に近い仕事を探せるのでしょうか。


厚生労働省の「働きやすい・働きがいのある職場づくりに関する調査」 によると、中小企業で働く常用労働者に聞いた「同僚の離職理由」は、「賃金が不満」「仕事上のストレスが大きい」「職場の人間関係がつらい」「労働時間が長い」などが上位となっています。


このうち、「仕事上のストレスが大きい」に関しては、仕事内容から人間関係まで幅広い理由が考えられます。そのため、結果として、賃金・人間関係・労働時間について、自分の理想とのギャップがあった場合、離職につながりやすいと考えられます。


加えて、国土交通省では、建設業の担い手確保という課題に対応するため、「建設業働き方改革加速化プログラム」を策定しています。このプログラムでは、3つの大きな取り組みのうち2つにおいて、「長時間労働」の是正と、「給与」に関する取り組みが掲げられており、業界としても改善していこうと動いている最中だということがわかります。


「建設業働き方改革加速化プログラム」とは?

建設業では、長らく担い手の確保が課題となっています。この課題解決のための取り組みのひとつとして、国土交通省が平成30年に策定したのが、「建設業働き方改革加速化プログラム」です。
このプログラムは、


(1)長時間労働の是正に関する取り組み
(2)給与・社会保険に関する取り組み
(3)生産性向上に関する取り組み 


以上、3つの取り組みから、建設業の働きやすさを高めて、労働力を確保していこうという施策です。

※参考:国土交通省「『建設業働き方改革加速化プログラム』を策定 ~官民一体となって建設業の働き方改革を加速~


以上のことから、自分に合ったホワイトな施工管理の仕事を探す際は、以下の4点に特に注目するとよいでしょう。


残業時間

残業時間の短さは、ホワイトな仕事を探すうえで重要なポイントです。家族との時間の確保や、自身の健康維持に直接関わってくるため、自分は何時間までなら残業を許容できるか、仕事を探す前に具体的な数字を決めておくとスムーズです。


参考として、前出の厚生労働省「働きやすい・働きがいのある職場づくりに関する調査」によると、産業全体における1日の平均的な実労働時間は、「8時間以上9時間未満」という回答が最も多くなっています。


同調査によると、建設業における1日の平均的な実労働時間も、「8時間以上9時間未満」という回答が最も多くなっています。一方で、建設業では「9時間以上」という回答の割合が、産業全体と比べて多いという結果も出ています。


今後、施工管理を含む建設業では、働き方改革による残業削減の取り組みが進むと思われますが、労働時間を重視する方は特に、残業時間に注目しましょう。


また可能であれば、残業時間のほかに、直行直帰が可能かどうかについてもチェックしておくとさらに安心です。
直行直帰が可能な企業であれば、移動時間を削減することで残業を減らすことができるため、さらに効率よく働くことができるでしょう。


休日

転職するにあたって、労働時間を重視してホワイトな仕事を探したいという方の中には、「休日に子供と遊ぶ時間を確保したい」「休日数を確保してしっかり体を休めたい」という方もいるのではないでしょうか。
そんな方に着目していただきたいポイントは、休日の日数です。


休日の日数を大事にしたいという方は、「土日休み」や「完全週休二日制」を掲げる企業を選ぶとよいでしょう。


参考までに、完全週休二日制の場合、2022年度は年間104日が休日となります。
それに加えて、祝日および振り替え休日を所定休日として定めている企業もあります。この場合、2022年度の祝日および振り替え休日の15日を加算し、合計119日が休日となります。
つまり、年間休日が120日程度ある企業なら、基本的にカレンダー通りと同等以上の休日がとれる計算になります。


一方で、休日の多さではなく、1日当たりの労働時間の短さを重視するという考え方もあります
企業の中には、休日数が少ない分、1日当たりの労働時間が短くなるよう設定しているところもありますので、希望に合わせて探してみるというのも一つの手です。


休日にかかわる用語

■年間休日数
有給休暇を除く、法定休日と所定休日の合計日数のこと。

■法定休日
法律で定められた休日。毎週1日、または、4週間を通じて4日間(労働基準法第35条による)。

■所定休日
企業が別途定める休日。土日休みの企業の場合、どちらか1日が所定休日で、もう1日が法定休日。加えて、祝日や年末年始などを所定休日に設定する企業もある。

■完全週休二日制
必ず週2日の休みがあるが、それは土日とは限らない。別途「土日休み」の記載がある場合は土日が休み。

■週休二日制
月のうち最低1週は必ず2日の休みがあり、それ以外の週は最低1日の休みがあるが、それは土日とは限らない。
2日休めるのは1週のみで、残り3週は休日が1日という場合もある点に注意。


また、家庭の都合などで長期休暇を取得するような予定がある場合、有給休暇の取得しやすさも確認しておくとよいでしょう。
企業によっては、求人票で「5連休取得可」などのアピールをしていたり、有給休暇取得率を公開していたりする場合もあります。


給与

給与については、誰もが気になるところだと思います。「今の給料ではなんとなく不安」という方も、「年収●●万円は欲しい!」という方も、まずは今の自分の年収がいくらで、平均と比較して大体どのくらいの位置にいるか把握しましょう。


国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査結果」によると、 日本の「1年を通じて勤務した給与所得者」の平均給与(年収)は433万円、建設業全体の平均は509万円となっています。


一方、当サイト「施工管理求人.com」に掲載されている求人データをもとにした調査では、施工管理という職種全体の平均年収は約550万円、ボリュームゾーンは400万円~600万円台であるという結果が出ました(参考記事:施工管理の年収まとめ|求人データをもとに平均年収をご紹介!)。


もし、現在の年収に不満を持っていて、施工管理の平均年収を下回っているという場合は、年収アップを軸に転職を検討してみてもよいかもしれません。
それと同時に、必ずとは言えないものの、労働時間の長さと年収は少なからず連動する部分もあるという点に注意が必要です。求人票に示されている条件やモデル給与を、慎重に見定めましょう。


★こちらの記事もあわせてご覧ください!

施工管理の年収まとめ|求人データをもとに平均年収をご紹介!

●資格手当や資格取得支援制度もチェック!

給与が気になる方は、月給や賞与の欄はもちろんですが、資格手当および資格取得支援があるかどうかについても確認しておきましょう。


施工管理の関連資格に手当支給制度を設けている企業は多く、特に毎月の基本給に加算される仕組みの場合、有資格者にとっては大きな収入となります。

資格手当

※当サイト掲載の求人を参考に作成したイメージです


また、資格を持っていない方には、資格取得支援制度のある企業がおすすめです。資格取得には意外とお金がかかりますが、そのお金を会社にバックアップしてもらえるうえ、資格手当もあれば受け取ることができます。 人材を育てようという会社の意識が感じられる点も、評価できるポイントですよね。

資格取得支援

※当サイト掲載の求人を参考に作成したイメージです


●モデル給与に含まれる残業代に注意!

ここで一つ注意したいのが、求人票に示されていることが多い「モデル給与」についてです。
年収の内訳は、大まかには「基本給+賞与+各種手当+残業代」となることがほとんどです。


そのため、モデル年収が現職より魅力的であっても、実際は基本給は変わらず、残業代により賄われている、という場合もあります。残業が何時間の条件で計算したモデルか、内定承諾前には把握しておきましょう。

モデル給与

※当サイト掲載の求人を参考に作成したイメージです


●目先の額面より安定性、という観点も

また、目の前の金額よりも、会社の安定性を求めるという方は、公共機関やJR、高速道路会社など常に発注がある団体と安定して取引があるとアピールしている企業を探してみましょう。会社規模は決して大きくなくても、安心して仕事に励むことができそうです。


人間関係

職場の人間関係は、実際に働いてみないと分からないことも多く、不安ですよね。
日本労働調査組合が2021年6月に行った「職場の人間関係に関するアンケート」によると、「職場の人間関係が良好」と感じている人は全体の約3割にとどまったという調査結果も出ています。


求人情報を見ると、職場の人間関係について言及しているものは多くあります。
ただ、「人間関係がよい」と一言で言っても、「アットホーム」なのか、「あっさりした関係」なのか、はたまた「面倒見がよい」のか、人によって求める関係性が違うという点は認識しておく必要があります。


そのため、求人票に「こんな人が多く働いています」や、「こんな人に来てほしいです」といった、会社が求める人物像が書かれている場合は、ぜひ参考にしましょう。
(例:「フランクで明るい社員が多く働いています!」「みんなまじめで誠実な人ばかりです」「面倒見の良い先輩社員がイチから教えます!」など)


自分と合いそうだと感じた場合、お互いのニーズが合っている可能性が高く、会社の雰囲気に対する入社後のミスマッチが少なくなりますよ。


さらに付け加えるなら、社員が仕事内容以外の問題を相談できる体制を整えている企業や、上司とは別にメンターをつける制度を設けている企業も一部あります。そんな企業であれば、若手や未経験者は特に、長く安心して働くことができそうです。



施工管理のホワイトな求人を探す方法は?

これまで述べたポイントを踏まえ、ホワイトな施工管理の仕事を探す方法は、大きく分けて以下の3つです。


方法1:実際に勤めている人に聞く

知人や、過去に仕事でかかわった人の中に、あなたが希望するような働き方をしている施工管理職がいれば、直接話を聞いてみるのが一番です。


特に、繁忙期の様子や、職場の人間関係などについては、インターネットにはない情報が多く得られる可能性が高いです。


しかしながら、周りにそういった人がいない場合や、同業者に転職を検討していることを知られると気まずい、という場合もあるため、この手段をとれる人はそう多くはないでしょう。


方法2:ハローワークで紹介してもらう

仕事を探す手段として一般的なものに、ハローワーク(公共職業安定所)の利用があります。


ハローワークは公的な機関で、「民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割(厚生労働省ホームページより)」を担っており、利用者は雇用に関する手続きや相談などのサービスを受けることができます。


利点としては、求人サイトなどと同じく誰でも無料で利用できる点、求人の閲覧に加え、職員に直接職業相談ができる点などが挙げられます。


ハローワークの営業時間は平日のみ・夕方までの場合が多く、働きながら転職活動を進めたい方が通うのは難しいですが、最近では「ハローワークインターネットサービス」の機能も、以前と比較すると充実してきました。


一方で、多種多様な業種・職種の求人が集まっているため、裏を返すと、その中から求める条件に合う施工管理の求人を探すのは大変です。
また、一つひとつの求人が最低限の情報になりがちで、会社の雰囲気などが分かりにくい、などの難点もあります。


方法3:求人サイトを利用する

近年一般的になっている仕事の探し方として、スマホやパソコンから求人サイトを利用するという方法もあります。
いつでもどこでも利用でき、仕事探しから応募・採用まで無料で完結するため、現在働いている方や、自分のペースで転職を検討したいという方には、一番適した方法です。


求人サイトを使う利点としては、各会社の雰囲気やアピールポイントなど、細かい企業情報が充実している点、検索機能や求人特集・コラムなど、使いやすさに優れたものが多くある点が挙げられます。


また、ハローワークは、採用への積極性が高くない企業もとりあえず求人を出すことがありますが、民間の求人サイトは、新しい人を積極的に採用したいという企業がほとんどであることも特徴の一つです。


ただ、求人情報が非常に多い大型のサイトになると、ハローワークと同じように様々な業界・業種・雇用形態の求人があり、希望に合う求人がなかなか見つからないこともあります。


●業界特化型の求人サイトを活用しよう!

そこで、施工管理の仕事を探すなら、施工管理に特化した専門性の高い求人サイトを利用してみましょう


最近では、建設・医療・介護……など、各業界に特化した便利なサイトが多数登場しています。
業界特化型の求人サイトは、絞り込み条件を細かく設定できたり、会社の規模は大きくなくても優良な企業の情報を見つけやすかったりと、その業界を目指す方が効率よく希望に合った仕事を見つけられる環境が整っています。


施工管理に特化した求人サイトなら、当サイト「施工管理求人.comを、ぜひ活用してみてください。
給与や施工管理に関連した保有資格での検索も可能なので、あなたの希望にあったホワイトな求人を見つけやすいと思います。



施工管理が転職を成功させるポイントは?

求人サイトの普及や転職する人の増加で以前より気軽になったとはいえ、転職は人生における大きな選択の一つです。後々、「転職して正解だった」と思えるように、施工管理が転職を成功させるためのポイントを3つご紹介します。


転職に有利な資格取得

せっかく希望に合った求人が見つかったなら、ぜひ採用されたいですよね。


しかしながら、条件の良い求人は競争率が高いというのも現実です。なかなか採用されないため条件を下げて転職したところ、結局不満がつのり再度転職、なんてことにならないように、なるべく自分の市場価値を上げておきたいところです。


分かりやすく市場価値を上げる手段として、施工管理に関連する資格の取得が有効です。
経験者でも資格を持っていないという方は、ぜひ「施工管理技士」「施工管理技士補」の資格取得を検討してみましょう。働きながら資格の勉強をするのは楽なことではありませんが、資格を取得しておくと、転職活動を有利に進めることができますよ。


さらに、未経験者でも取得可能な「2級施工管理技士補」という資格もあります。意欲をアピールするならこの上ない資格ですので、ぜひ挑戦してみましょう。



若手は成長環境も大切

これから施工管理としてキャリアを積みたい若手が転職を成功させるためには、自分が施工管理として「成長していける環境があるかどうか」をしっかり考慮することが大切です。


「施工管理 ホワイト」で検索すると、派遣として働くことをすすめる意見も出てきます。確かに派遣求人の中には、正社員と比べて残業が少なかったり、しっかり稼げたりするものもあります。


ただ、若手の育成に関して言えば、企業は正社員を中心に考えます。
そのため、若手や未経験者の場合は、派遣より正社員の施工管理をおすすめします。


では、正社員求人の中から、若手や未経験者を育成していく意欲がある会社を見つけるには、どうしたらよいのでしょうか。

まず注目したいのが、「資格不問」「経験不問」など、経験の浅い人の応募を歓迎するフレーズです。当サイト「施工管理求人.com」では、「資格不問」「経験不問」の求人に絞って検索できるので、ぜひ活用してみてください。



また、求人の会社紹介文や仕事内容の欄にも注目です。
分かりやすく「イチから学びたい方歓迎!」と書かれているものもあれば、「先輩社員の厚いサポート」に言及していたり、「資格取得支援」などの成長を後押しする制度が明記されていたりと、随所から企業の対応をうかがうことができます。


企業の若手への想いをしっかり受け取って、後悔しない転職先選びにぜひ役立ててくださいね。


施工管理の転職におすすめの時期

転職するなら一体いつが成功しやすいのか、気になるところですよね。
施工管理の経験者と未経験者では、実は転職におすすめの時期が異なります。


経験者の転職には、「2月~3月」と「8月~9月」がおすすめです。
この時期は、一般的に求人が増える時期であるため、希望に合ったホワイトな求人も見つけやすいと思います。


一方、未経験者が施工管理への転職を目指す場合は、「4月~6月」がおすすめです。
建設業の繁忙期は年度末であることが多いため、仕事が落ち着いたこの時期であれば、企業側にも未経験者を育成する余裕があるからです。


また、転職活動開始から入社までにかかる期間を把握しておくことも重要です。希望する転職時期から逆算して着手することで、より理想に近いスケジュールで転職を進めやすくなりますよ。



まとめ

今回は、ホワイトな施工管理の仕事の探し方について解説するとともに、施工管理が転職を成功させるためのポイントについてもご紹介しました。


仕事に求める条件は、思っている以上に一人ひとり違うものです。だからこそ、転職活動を始める前に、何が自分にとって重要なのかをよく吟味しましょう。


あなたが納得できるホワイトな働き方を手に入れて、施工管理として長く活躍されることを心より願っております。