▼用語詳細
建築基準法
(ケンチクキジュンホウ)

建築基準法は、「建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もって公共の福祉の増進に資すること」を目的として制定された法律です。

建物を建築する際に、最低限守らなければならないルールを定めており、建築物、建築物の敷地、設備、構造、用途、工事の図面の確認方法、工事の検査など、その種類は多岐に渡ります。

また、建築基準法の規定を実現するための具体的な方法や方策を定めたのが「建築基準法施行令」、建築基準法と建築基準法施行令を実施する際に必要とされる設計図書や事務書式を定めたのが「建築基準法施行規則」です。

⇒用語集の目次に戻る