施工管理のやりがいは?キツい仕事なのに、頑張れる理由

目次

こんにちは、建設業に特化した求人サイト「施工管理求人.com」です。


施工管理の仕事は、よく、「大変」「きつい」と聞くことが多いです。しかし、そんな苦労の多い施工管理の仕事を、10年・20年・30年と長く続けているひとが建設業界にはたくさんいます。なぜ、そんなにも長く頑張れるのか。その理由には「仕事に対するやりがい」が大きく関係していると言えるでしょう。


この記事では、実際に施工管理者として活躍している人が、いつ・どんな瞬間にやりがいを感じるのかをご紹介していきます。 今後、「施工管理の仕事に就きたい!」と思っている方は、ぜひこの記事で読んだ情報を参考にしてみてください。


「施工管理」の求人はこちら


施工管理の仕事でいつ・どんな瞬間に「やりがい」を感じるか

「施工管理って大変って聞くけど、やりがいはあるのだろうか…」 この記事を読んでくださっている方の中には、そんな疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、実際に施工管理に携わっている方に伺った『施工管理のやりがい』をご紹介していきます。ま た施工管理求人.comでは、求人情報を掲載するにあたって沢山の企業様とお話してきました。そこでお聞きした、現場でのエピソードなども交えてお伝えしていきたいと思います。



現場の施工が無事に完了して、達成感を味わえたとき

施工管理者は工事の施工計画を立てたり、職人さんの安全面や作業の工程を管理したりと、担当する業務はたくさんあります。 現場の規模の大きさや工事の種類によって、発生する作業・忙しさは異なりますが、 さまざまな苦労を乗り越えて、最後まで工事を完遂させたときの達成感は、どんな現場においても大きなものだと思います。


現場を指揮する司令塔として、工事に携わる多くの人をまとめ上げたときの達成感や、 納期までに工事を終わらせることができたときの安堵感・充実感は、「施工管理者ならではのやりがい」と話す方も多かったです。




【土木施工管理技士の方の声】
仕事内容 : 官公庁案件・公共工事現場の施工管理

わたしたちが手掛ける現場は、官公庁から依頼される工事や公共工事が中心です。 現場の規模が大きいので、さまざまな施工業者の方と協力し合いながら工事を行います。納期に間に合うよう、 多くの方とコミュニケーションを交わしながら、みんなで1つの現場を作り上げていくことに面白さと、大きな達成感を感じます。


【建築施工管理技士の方の声】
仕事内容 :新築工事・改修工事の施工管理

実際に手を動かして、建物を作り上げるのは職人さんの仕事。施工管理者の仕事の1つ1つは、目に見えるカタチとしては残りにくいと自分は感じています。ですが、無事に工事が終わったときは「綺麗なのが建ったなぁ」としみじみ思ったり、「何事もなく完成出来て良かった」と安心したり。 目に見えて残らないとしても、そういった小さな達成感が、多分やりがいに繋がっているんだと思います。




自分の成長を実感できたとき

「入社時よりも、資格や経験が増えた」
「職人さんとのコミュニケーションがうまく取れるようになった」
「前よりも大きな現場を任せられることが増えた」

など、今まで出来なかったことが出来るようになったときや、経験を積んでいくにつれて出来ることが増えたときに、 やりがいを感じているひとも多いようです。自分の成長を実感できると、仕事に対するモチベーションも上がりますよね!




【電気工事施工管理技士の方の声】
仕事内容 : 低圧・高圧電気工事の施工管理

施工管理の仕事をする上で大切なのは、いかに職人さんとの関係を上手くつくれるか、だと自分は思います。実際に作業をするのは職人さんで、 どう現場で動いてもらうか指示を出すのは施工管理者の役目。現場に入りたての頃は、職人さんへの指示がなかなか上手くできなくて、しょっちゅう怒られていたこともありました。

ですが、現場の数をこなしていくにつれて職人さんとの連携もスムーズに取れるようになり、今では怒られることも無くなりました。時間はかかるけど、現場での小さな積み重ねが、自分を少しずつ成長させてくれているんだなと実感します。



【土木施工管理技士の方の声】
仕事内容 : 道路舗装工事の施工管理

入社して最初の頃は、先輩の後ろについていって手伝いをしながら仕事を覚えていくことが多かったです。 うちの会社は、1つの業務がある程度出来るようになったら次の業務を教えて貰える、といった教育体制でした。 なので、任せてもらえる業務が日に日に増えていくことに、すごく面白味を感じます。




自分の実力や、努力を評価してもらえたとき

施工管理者の役目は、工事が計画通りに進むよう現場全体を把握して管理すること。業務内容は多岐に渡りますが、どんな業務にも対応できる知識や技術が身につけば、会社からの信頼度や評価が増していきます。努力が認められて昇給したり、役職が付いたり・・・。 自分の頑張りが目に見えるカタチになって還元されることは大きなやりがいの1つだと言えます。




【建築施工管理技士の声】
仕事内容 : 公共施設工事の施工管理

施工管理をする上で、資格は持っていて当然。施工管理の業務自体は資格を持っていなくても出来ますが、わたしは将来のことも考えて自分のために資格を取りました。

仕事をしながらの資格取得だったので、なかなか合格できず苦労しましたね。でも取った後には昇給もしたし、資格手当も付きました。自分のためにと思って頑張りましたが、昇給とか手当とか、お金で還元されると、やっぱり嬉しいです。




いかがでしたでしょうか。
上記でご紹介したやりがいの他には・・・

◇自分が施工に携わった施設が、たくさんのひとに利用してもらえると嬉しい
◇建設が完了した際、お客様の笑顔を見られたときがやりがいを感じる瞬間
◇誰にでもこなせる仕事じゃないので、自分にしかできない誇りを感じる
◇地図に残るような規模の大きな現場を終わらせたときは、すごく達成感がある
◇「東京オリンピックの施工に携わりたい」っていう夢を実現できたときにやりがいを感じた
◇自分の采配で予定の工期よりも早く終わらせて、予算もカット出来たときは達成感があった


など、いろいろなやりがいをお聞きすることができました。施工管理のやりがいは、施工管理求人.comに掲載している求人内でも紹介されているので、ぜひご覧になってみてください。



大変なこともあるけれど、「やりがい」が仕事を続ける原動力になっている

ここまで、施工管理のさまざまなやりがいをご紹介してきました。

記事の冒頭でもお伝えしましたが、施工管理は大変な仕事・きつい仕事と言われることが多いです。実際、責任の大きな仕事ですし、体力的・精神的にしんどいと感じているひとは多いのが実情かもしれません。

しかしその一方で、施工管理の仕事を10年・20年・30年と長く続けている方もいらっしゃいます。苦労の多い職業なのに、なぜそんなにも長く頑張っていられるのか・・・。その理由には、やはり「やりがい」が大きく関係していると言えます。


【 施工管理の仕事は大変なことも多い・・・】

ですが、その分見返りも大きいです。それは、達成感だったり、自分の成長だったり、収入だったり。 経験を重ねて根気強く頑張っていけば、それに見合ったやりがいや報酬を得られることができます。 自分への見返りが大きければ大きいほど、仕事に対するモチベーションもアップしますし、それが仕事を長く続けられる原動力になっていると言えるでしょう。


【もしかすると・・・】

入社したて・仕事を始めたての頃は、覚えることが多く仕事に慣れるまで時間かかかるので、なかなかやりがいを感じにくいかもしれません。しかし、5年・10年と長く働いていくことによって技術が身についていけば、得られるものもだんだん増えていくと思います。まずは仕事を覚えるまでの大変な時期をどう乗り越えていくかが大切ですね。



これから「施工管理者」を目指すひとへ

施工管理者は、現場において欠かせない中心的な存在です。そのため、建設業界がずっと続いていく限り、施工管理者の需要は途絶えないと言えるでしょう。現在の建設業界は深刻な人手不足で、社会からのニーズは増えているものの働き手が居ないといった状況が続いています。

しかし、この状況を逆手にとって考えてみれば、「施工管理の仕事をしたい」と思っている方にとって、この状況はチャンスだと思います。 なぜなら、人手を確保するために求人募集をかける企業が多くなっているからです。 求人募集の数が多くなるほど、それだけ就職先・転職先の選択肢が増えるので、施工管理の仕事にチャレンジしやすくなります。


また建設設業界では、長時間労働の是正や給与形態の見直しなどの働き方改革に力を入れています。 施工管理求人.comに求人を掲載している企業様の中でも、労働環境の改善に取り組まれているという企業様は多いです。 ですから、これから施工管理職への就職・転職を考えている方は、より自分が希望した条件とマッチした企業が見つかりやすくなるかもしれません。



まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。 今回の記事では、施工管理のやりがいについて、いつ・どんな瞬間にやりがいを感じるのかをご紹介してきました。

結論として、やりがいを感じる瞬間や、感じ方は人それぞれです。施工管理の仕事は責任が大きく大変なこともたくさんありますが、その分の見返りや得られるものも多いので、やりがいのある職業だと思います。この記事で読んだ情報が、「施工管理の仕事に興味がある」「将来、施工管理の仕事に就きたいと思っている」そんな方のお役に立てたら嬉しいです。


「施工管理」の求人はこちら


施工管理おすすめ求人

施工管理の求人一覧