建築施工管理技士の受験資格とは?|1級・2級の技術検定について解説!

目次

建築施工管理技士の資格取得を考えている方にとって、「そもそも自分は受験可能なのか?」という点は、気になるところですよね。


そこでこの記事では、1級・2級建築施工管理技士の受験資格について、詳しく解説していきます。また、資格取得にかかる費用の目安や最新の試験スケジュールについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。


建築施工管理技士の受験資格とは

施工管理技術検定は、「第一次検定」と「第二次検定」(令和2年度までは「学科試験」と「実地試験」)の2段階があり、両方に合格することで施工管理技士の資格を取得できます。「第一次検定」と「第二次検定」は、それぞれ下記のように定義されています。


●第一次検定
施工技術のうち基礎となる知識及び能力を有するかどうかを判定


●第二次検定
施工技術のうち実務経験に基づいた技術上の管理及び指導監督に係る知識及び能力を有するかどうかを判定


2級建築施工管理技士の受験資格

2級建築施工管理技術検定では、受験方法が下記の3パターンに分かれます。

●第一次検定のみを受験する場合
●第一次検定と第二次検定を同日に受験する場合
●第二次検定のみを受験する場合

ここでは、それぞれのパターンにおける受験資格をご紹介します。


●第一次検定のみを受験する場合

2級建築施工管理技士の一次検定のみを受験する場合、受験資格を有するのは
試験実施年度において満17歳以上となる方です。
(令和3年度の場合は、生年月日が平成17年4月1日以前の方が対象です。)


年齢以外に求められる条件(学歴、経験など)はないので、満17歳以上であれば学生でも受験することができます。


●第一次検定と第二次検定を同日に受験する場合

2級建築施工管理技士の第一次検定と第二次検定を同日に受験する場合、受験資格を有するのは、下表の区分イ〜ロのいずれかに該当する方です。


区分 受検種別 最終学歴 実務経験年数
指定学科
卒業
指定学科以外
卒業
建築または
躯体または
仕上げ
大学、
専門学校の「高度専門士」
卒業後
1年以上
卒業後
1年6ヶ月以上
短期大学、
5年制高等専門学校、
専門学校の「専門士」
卒業後
2年以上
卒業後
3年以上
高等学校、
専門学校の「専門課程」
卒業後
3年以上
卒業後
4年6ヶ月以上
その他(最終学歴問わず) 8年以上

区分 受検種別 職業能力開発促進法による
技能検定合格者
必要な
実務経験年数
技能検定職種 級別
躯体 鉄工(構造物鉄工作業)、とび、ブロック建築、型枠施工、鉄筋施工(鉄筋組立て作業)、鉄筋組立て、コンクリート圧送施工、エーエルシーパネル施工 1級 問いません
2級 4年以上
平成15年度以前に上記の検定職種に合格した者 問いません
単一等級エーエルシーパネル施工 問いません
仕上げ 建築板金(内外装板金作業)、石材施工(石張り作業)、石工(石張り作業)、建築大工、左官、タイル張り、畳製作、防水施工、内装仕上げ施工(プラスチック系床仕上げ工事作業、カーペット系床仕上げ工事作業、鋼製下地工事作業、ボード仕上げ工事作業)、床仕上げ施工、天井仕上げ施工、スレート施工、熱絶縁施工、カーテンウォール施工、サッシ施工、ガラス施工、表装(壁装作業)、塗装(建築塗装作業)、れんが積み 1級 問いません
2級 4年以上
平成15年度以前に上記の検定職種に合格した者 問いません
単一等級れんが積み 問いません

●第二次検定のみを受験する場合

2級建築施工管理技士の第二次検定のみを受験する場合、受験資格を有するのは、下記の条件を満たす方です。


「第一次検定と第二次検定を同日に受験する場合」の条件を満たす方

かつ、以下のいずれかに該当する方

●建築士法による一級建築士試験の合格者


●(令和2年度までの)2級建築施工管理技術検定の「学科試験のみ」受検の合格者で有効期間内の者


●(令和3年度以降の)2級建築施工管理技術検定の「第一次検定」合格者


※ご紹介した受験資格の情報は、建築施工管理技術検定の運営団体である「一般財団法人 建設業振興基金」の施工管理技術検定サイトを参考にしています。


1級建築施工管理技士の受験資格

1級建築施工管理技術検定では、「第一次検定」と「第二次検定」で受験資格が異なります。第一次検定と第二次検定は試験日が違うので、同日に両方を受験することはできません。
ここでは、第一次検定と第二次検定それぞれの受験資格をご紹介します。


●第一次検定を受験する場合

1級建築施工管理技士の第一次検定について、受験資格を有するのは、下表の区分イ〜ニのいずれかに該当する方です。


区分 学歴又は資格 実務経験年数
指定学科
卒業
指定学科以外
卒業
大学、専門学校の「高度専門士」 卒業後
3年以上
卒業後
4年6ヶ月以上
短期大学、5年制高等専門学校、
専門学校の「専門士」
卒業後
5年以上
卒業後
7年6ヶ月以上
高等学校、中等教育学校(中高一貫校)、
専門学校の「専門課程」
卒業後
10年以上
※1、※2
卒業後
11年6ヶ月以上
※2
その他(最終学歴問わず) 15年以上
※2
二級建築士試験の合格者 合格後5年以上
2級建築施工管理技術検定第二次検定
(令和2年度までは実地試験)
の合格者
合格後5年以上
※1、※2
2級建築施工管理技術検定第二次検定
(令和2年度までは実地試験)
の合格後、実務経験が5年未満の者
短期大学、
5年制高等専門学校、
専門学校の「専門士」
上記イの
区分参照
卒業後
9年以上
※2
高等学校、
中等教育学校(中高一貫校)、
専門学校の「専門課程」
卒業後
9年以上
※2
卒業後
10年6ヶ月以上
※2
その他
(最終学歴問わず)
14年以上
※2
【注】区分ニの受検資格は、第一次検定のみ受検可能です。この区分で受検した場合、第一次検定合格後、今年度の第二次検定を受検することができません。
2級建築施工管理技術検定第二次検定
(令和2年度までは実地試験)
の合格者
実務経験年数は問わず

※1 主任技術者の要件を満たした後、専任の監理技術者の配置が必要な工事に配置され、監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験を有する方は、表中※1印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。
※2 指導監督的実務経験として「専任の主任技術者」を1年以上経験した方は、表中※2印がついている実務経験年数に限り2年短縮が可能です。


●第二次検定を受験する場合

1級建築施工管理技士の第二次検定について、受験資格を有するのは、下記のいずれかに該当する方です。


●(令和3年度以降の)1級建築施工管理技術検定の「第一次検定」合格者
(上記の区分イ~ハの受検資格で受検した者に限る)


令和2年度に1級建築施工管理技術検定の「学科試験のみ」合格した者
(令和3年度限り)


●建築士法による一級建築士試験合格者で、なおかつ1級建築施工管理技術検定第一次検定の受検資格のうち、上記の区分イ~ハのいずれかの受検資格を有する者


※ご紹介した受験資格の情報は、建築施工管理技術検定の運営団体である「一般財団法人 建設業振興基金」の施工管理技術検定サイトを参考にしています。


受験資格となる「実務経験」とは

前項でご紹介したとおり、建築施工管理技術検定を受験するためには、ほとんどの場合「実務経験」が必要となります。では、この「実務経験」とは、具体的にどのようなものを指すのでしょうか?


建築施工管理技士の受験資格として認められる「実務経験」は、以下のように規定されています。

建築工事(建築基準法に基づく建築物等)において、


●施工管理:受注者(請負人)の立場で施工を管理(工程管理、品質管理、安全管理等を含む)した経験
●設計監理:設計者の立場での工事監理業務の経験
●施工監督:発注者の立場での現場監督技術者等としての工事監理業務の経験


上記いずれかの立場で従事した、施工に直接的に関わる技術上の職務経験


なお、ここで言う「建築工事」の具体的な内容は、下表の通りです。
※2級は、実務経験を有する工事種別によって受検種別が異なります。


工事種別 主な工事内容 2級の受検種別
建築一式工事 事務所ビル建築工事、共同住宅建築工事 建築
大工工事(躯体) 大工工事(躯体) 躯体
型枠工事 型枠工事
とび・土工・コンクリート工事 とび工事、足場仮設工事、囲障工事、(PC、RC、鋼)杭工事、コンクリート工事、地盤改良工事
鋼構造物工事 鉄骨工事、屋外広告工事
鉄筋工事 鉄筋加工組立工事、ガス圧接工事
ブロック工事 コンクリートブロック積み工事
解体工事 建築物解体工事
造作工事 造作工事 仕上げ
左官工事 左官工事、モルタル工事、吹き付け工事、とぎ出し工事、洗い出し工事
石工事 石積み(張り)工事、エクステリア工事、洗い出し工事
屋根工事 屋根葺き工事
タイル・レンガ工事 レンガ積み工事、ALCパネル工事、サイディング工事
板金工事 建築板金工事
ガラス工事 ガラス加工取り付け工事
塗装工事 塗装工事
防水工事 アスファルト防水工事、モルタル防水工事、シーリング工事、塗膜防水工事、シート防水工事、注入防水工事
内装仕上工事 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、内部間仕切り壁工事、床仕上工事、畳工事、ふすま工事、家具工事、防音工事
建具工事 金属製建具取付工事、金属製カーテンウォール取付工事、サッシ取付工事、シャッター取付工事、木製建具取付工事
熱絶縁工事 建築断熱工事

※ご紹介した受験資格の情報は、建築施工管理技術検定の運営団体である「一般財団法人 建設業振興基金」の施工管理技術検定サイトを参考にしています。


建築施工管理技士の資格取得にかかる費用目安

ここまで、建築施工管理技士の受験資格についてご紹介してきました。「受験資格を満たしているから、次回の受験に挑戦したい!」という方も、「実務経験を積んで、将来的に資格取得を目指そう」という方もいらっしゃると思います。


では、実際に建築施工管理技士の資格取得に挑戦する際には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?ここでは、事前に把握しておきたい費用の目安をご紹介します。受験を検討する際には、ぜひ参考にしてみて下さいね。


●2級建築施工管理技士の場合

<必ずかかる費用>
◎受検手数料
第一次検定:5,400円
第二次検定:5,400円
第一次・第二次検定を同日受検:10,800円


<場合によってはかかる費用>
◎問題集・テキスト代
1冊あたり:1,500円~4,500円程度

◎講習費
一次・二次検定の講習(2~3日コース):20,000円~40,000円程度


合計金額の目安:10,800円~55,300円程度


●1級建築施工管理技士の場合

<必ずかかる費用>
◎受検手数料
第一次検定:10,800円
第二次検定:10,800円


<場合によってはかかる費用>
◎問題集・テキスト代
1冊あたり:1,500円~4,500円程度

◎講習費
一次検定の講習(2~3日コース):30,000円~40,000円程度
二次検定の講習(1~2日コース):15,000円~35,000円程度


合計金額の目安:21,600円~101,100円程度


上記の目安では、講習を数日の短期コースに設定していますが、数ヶ月の長期コースを用意している資格学校もあります。予算やスケジュールを踏まえて、自分に合った方法で試験勉強を進めていきましょう。


なお、企業によっては、資格取得にかかる費用を会社が負担したり、合格時にお祝い金を支給するといった、「資格取得支援制度」を設けている場合があります。資格取得を検討されている方は、自分の勤務先にそういった制度がないか確認してみることをおすすめします。


★「資格取得支援制度」がある企業への転職をお考えの方は、こちらの求人をチェック!
「建築施工管理技士」×「資格取得支援」の求人一覧


建築施工管理技士の試験スケジュール

最後に、令和3年度の建築施工管理技術検定について、試験スケジュールをご紹介します。


2級建築施工管理技士の試験スケジュール

●前期日程

申込受付期間 2021/1/29(金)~2/12(金)
試験日 2021/6/13(日)
合格発表日 2021/7/6(火)

●後期日程

申込受付期間 ネット申込:2021/6/22(火)~7/20(火)
書面申込:2021/7/6(火)~7/20(火)
試験日 2021/11/14(日)
合格発表日 第一次検定のみ:2022/1/21(金)
第二次検定のみ:2022/1/28(金)
第一次・第二次検定(同日受検):2022/1/28(金)

1級建築施工管理技士の試験スケジュール

●第一次検定

申込受付期間 2021/1/29(金)~2/12(金)
試験日 2021/6/13(日)
合格発表日 2021/7/16(金)

●第二次検定

申込受付期間 2021/1/29(金)~2/12(金)
試験日 2021/10/17(日)
合格発表日 2022/1/28(金)

なお、試験スケジュールは事情により変更される可能性があります。最新の情報は、建築施工管理技術検定の運営団体である「一般財団法人 建設業振興基金」の施工管理技術検定サイトにてご確認ください。


まとめ

今回は、国家資格である「建築施工管理技士」について、1級・2級それぞれの受験資格や、資格取得にかかる費用の目安、そして最新の試験スケジュールをお伝えしました。


「建築施工管理技士」の資格を取得すると、社内でのキャリアアップに繋がりやすいだけでなく、転職時にも有利に働くことが多いです。施工管理として長く活躍したいとお考えの方は、ぜひ資格取得に挑戦されてみてはいかがでしょうか。


建築施工管理技士としての転職を検討される際は、当サイト「施工管理求人.com」をご活用ください!