未経験でも、現場監督になれるって本当?

目次

こんにちは、建設業に特化した求人サイト「施工管理求人.com」です。


未経験でも現場監督になれるの?
現場仕事やったことないけど、そんな人でも雇ってくれる会社ってあるの?


将来、建設業界で現場監督として働きたいと思っている方の中には、こういった疑問を持っている方もいらっしゃると思います。結論、建設業界が未経験の方でも、現場監督として活躍していくことは可能です。ただし、現場監督とは工事現場で働く職人さんたちの統率を取り、先頭に立って現場をまとめなければならない責任の大きなポジションです。そのため、高い能力と知識が必要な職業だと言えます。


この記事では、未経験で現場監督として雇ってくれる企業の割合や、現場監督に向いている人の特徴などをお伝えしていきます。 是非参考にしてみてください。


「現場監督・施工管理」の求人はこちら


未経験でも現場監督になることは可能でしょうか?

建設業界の求人票を眺めていると、
現場監督募集!未経験者歓迎』といったフレーズを見かけることってありませんか?


そもそも、未経験で現場監督になることって出来るの…?


なんて疑問を持つ方も多いと思います。



結論、建設業界で働いたことのない未経験の方でも現場監督になることは可能ですし、未経験スタートで現場監督として活躍している方もたくさんいらっしゃいます。


ただし未経験には、「高校などで建築系・土木系学科で知識を学んだことがあるが、実務経験はない人」と、 「建設業界の知識が全くない人」の2パターンがあり、前者と後者ではスタートラインが変わってくると言えるでしょう。



現場監督とは様々な工事現場の先頭に立って、働く職人の統率を取り、現場を管理しなければならない役目があります。もちろん、未経験で入社したばかりの社員にいきなり現場監督の仕事を任せる会社はないと思いますが、基礎知識がある人とない人とでは任せられる業務内容には差が出てくる場合もあります。


ですから、全くの未経験から建設業界に飛び込み、現場監督として働くことを目標としているのであれば、 自分から積極的に学ぼうとする意欲粘り強く頑張れる気持ちが大事だと言えます。



未経験で現場監督として雇ってくれる企業の割合

先ほど、未経験の方でも現場監督になることは可能であるとお伝えしました。

結論として、「はじめのうちは経験がなくても、徐々に覚えていってくれれば大丈夫。」 「先輩社員がそばでサポートするので未経験の人でも応募歓迎しています。」とお話ししてくださる企業様の割合は多いです。


では実際に現場監督を募集している企業の中で、未経験者でも応募できる企業はどのくらいあるのでしょうか。当サイトが運営している施工管理求人.comに掲載している企業で、 現場監督を募集しており、かつ未経験者も応募できる企業数を調査すると下記のような結果になりました。




【※2019年5月~7月掲載の求人を対象】



2019年5月~7月掲載の求人(現場監督を募集)の中で、未経験者でも応募できる企業数は全体の47%でした。 建設業界は人材不足の影響で、技術者の確保に苦労していることもあり、未経験者でも応募を歓迎している求人は年々増えている傾向にあると考えられます。


専門的な業界のため、全くの未経験者が現場監督として働くのは難しいといった声も中にはありますが、「この業界に興味を持ってくれたのなら嬉しい。」「どの現場にも染まっていない未経験者ならウチで育てたい。」と、未経験者を積極的に採用している企業様があるのも実情です。



実際に未経験者からの応募を歓迎している企業様は下記のようなコメントをくださっています。


<賃貸住宅・注文住宅の現場監督を募集している企業の声>

「新しいことにチャレンジンしたい、この業界で頑張ってみたい」という意欲がある方なら、未経験の方でも当社なら歓迎ですね。目標をもって前向きに頑張っていけるのであれば、会社でも全面的にサポートしていきます。



<港・湾岸での土木工事の現場監督を募集している企業の声>

未経験の方でしたら、成長をしっかりバックアップしていきます。まずは現場に出て先輩の手伝いなどの補助作業から始めてもらい、 少しずつ業務を教えていきたいと思います。ベテランになるまでは時間がかかりますが、一人前になるまで長い目で育てていきます。



<電気工事現場の現場監督を募集している企業の声>

当社では、これまでにも現場監督志望で業界未経験の方を採用し、一人前の現場監督に育て上げた実績があります。ですから、いつ・どのタイミングで未経験者の方からのご応募をいただいたとしても歓迎です。社内では座学研修なども行っているので教育体制に問題はないですし、初心者でも安心して始められます。



いかがでしたでしょうか。
上記のように、未経験者を積極的に採用している企業様もたくさんいらっしゃるので、
業界での実務経験がない方にも十分チャンスはあると言えるでしょう!



現場監督に向いている人ってどんな人?



(1)コミュニケーション力がある人

現場監督を募集している企業様に「どんな人を採用したいですか?」と質問すると、 必ずと言ってもいいほど「コミュニケーション力がある人」という答えが返ってきます。

現場監督は、仕事上クライアントと打ち合わせが多かったり、職人さんと現場で会話したりすることも多いです。 ですから、相手の意見や気持ちをくみ取ったり、自分の考えを伝えたりするコミュニケーション力が大切であると言えます。 例えば、普段から周りの人から相談を受けたり、頼られたりすることが多いという人は現場監督に向いていると思いますよ!



(2)リーダーシップのある人

現場監督は、現場の先頭に立って働く職人の統率を取り、現場を管理しなければならない重要なポジションです。 そのため、責任感があり、みんなを引っ張っていけるようなリーダーシップが必要となります。

目標達成に向けて最後まであきらめずに頑張り続けることが出来る方や、場をワイワイ盛り上げることが得意な方は、現場監督に向いていると言えるでしょう。


(3)物事を考えて臨機応変に行動できる人

現場監督の主な仕事内容は、工事の工程を管理したり、現場の安全面を管理したり、工事予算を管理したりすることが中心です。それ以外にもクライアントとの急な打ち合わせに参加したり、工事に必要な資材を追加発注したりなど、突発的に発生する業務にも対応しなければなりません。

現場監督には、そういった横入りの業務や予期せぬハプニングが発生した時でも、冷静に臨機応変に対応できるような力が必要だと言えるでしょう。





まとめ

いかがでしたでしょうか。未経験で現場監督になることは決して簡単なことではありません。

しかし、自分から積極的に学ぼうとする意欲や、粘り強く頑張れる気持ちを持っている方であれば、 活躍するチャンスは大いにあると言えるでしょう。

この記事が、「未経験だけど、建設業界で現場監督として頑張っていきたい」という方のお役に立てばうれしいです。


「現場監督・施工管理」の求人はこちら


施工管理おすすめ求人

施工管理の求人一覧