転職エージェントとの面談とは|内容・準備を解説!建設業界ならココ

目次

こんにちは、建設業に特化した求人サイト&転職エージェントの「施工管理求人.com」です。


キャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれる、転職エージェント(転職支援サービス)


効率よく転職活動をしたい方や、「転職で絶対に失敗したくない!」という気持ちが強い方は、求人サイトに加えて転職エージェントの利用を考えている方も多いと思います。


転職エージェントの大きな特徴の一つは、キャリアアドバイザーとの面談があることです。

しかし初めての利用だと、面談の内容や事前の準備など、わからないことが多く不安ですよね。よくわからないから申し込むのをためらっている、という方も一定数いるのではないでしょうか。


そこでこの記事では、転職エージェントとの面談の内容や必要な準備、さらにコツなどについても、詳しく解説していきます。
面談に対する不安や疑問をすっきり解消して、上手に転職エージェントを活用してくださいね!


まずは『無料会員登録』!


転職エージェントの面談とは?

初回面談


転職エージェントのサービスに申し込むと、まずは転職活動をサポートしてくれることになる担当キャリアアドバイザーと初回面談をする必要があります。


サービス登録後、基本的にはエージェント側から面談についての連絡があるので、それに従って希望の日時を伝えましょう。


面談の場所は、従来はエージェント会社のオフィスなどが主流でしたが、最近は電話やweb会議システムで完結できる場合も増えています。

わざわざ行かなくていいので、現職が忙しくなかなか時間がとれない方、郊外や地方に住んでいる方などには、特にうれしいですよね。


ちなみに、当サイト施工管理求人.com」の転職支援サービスなら、一番手軽な電話面談で完結できますよ!


まずは『無料会員登録』!


なぜ転職エージェントとの面談が必要?目的は?

そもそも、転職エージェントとの面談は、なぜ必要なのでしょう。
忙しい人ほど「アンケートや提出書類を読んでやってくれたらいいのに!」などと思うのではないでしょうか。


面談が必要な理由、それは、あなたのニーズに「本当に」合った求人を紹介してもらうためです。


書類だけでは、伝えられる情報に限界があります。じっくり対話をすることであなたの本音を理解するのが、キャリアアドバイザー側の目的です。対話をすることで、自分でも気づかなかった意外な本音に、キャリアアドバイザーが気づいてくれることもあります。


また、エージェントがあなたを企業に推薦する際、具体的な情報が多い方が推薦しやすいという事情もあります。


エージェントの利用には面談時間を確保する必要がありますが、そこで共有した内容をもとにあなたに合う求人をキャリアアドバイザーが見つけてきてくれるので、膨大な数の求人の中から探す手間が省けます。


まずは『無料会員登録』!


転職エージェントとの面談内容

いちばん気になるのは、実際の面談内容ですよね。
キャリアアドバイザーとの初回面談では、どんなことを聞かれ、何を話す必要があるのでしょうか。


エージェントや担当者によっても多少違いはありますが、初回面談では、基本的に以下のような内容を話します。



自己紹介

面談は、お互いの簡単な自己紹介から始まります。

まずは簡単に、あなたの現在の仕事・これまでの経歴・転職活動の状況などを伝えましょう。


キャリアアドバイザーからも自己紹介のあと、転職支援サービスの内容や進め方、あなたに聞きたいこと、転職市場の動向など、簡単な説明があります。


キャリアアドバイザーは、あなたがどんな人か把握することで、より適切なアドバイスをしやすくなります。それと同時に、担当のアドバイザーが信頼できそうか、あなたが見定める機会でもあります。


経歴・職歴、現在の仕事内容の確認

キャリアアドバイザーに事前に送った履歴書や職務経歴書をもとに、あなたの経歴・職歴、現在の仕事内容を詳しく説明しましょう。


もしうまく説明できなくても大丈夫です。キャリアアドバイザーが、あなたの話した内容について、より掘り下げるための質問をしてくれます。


その質問に素直に答えていくことで、客観的なキャリアの棚卸しができ、自分では気づけなかった強みやアピールポイントを見つけられるかもしれません。


また、実績を伝えるときは、仕事の内容や結果だけでなく、チームの規模やその中におけるあなたのポジション(携わりかた)、その結果を出せた自分なりの理由などもあれば、できるだけ伝えておきましょう。


転職理由・キャリアプランの共有

数ある転職理由のうち、今回転職を決めた一番の理由となったものは「転職の軸」と呼ばれます。


これは、キャリアアドバイザーが転職支援の方向性を決める上で、とても重要な指標になります。最初にしっかり共有しておくことで、あなたの考えにマッチした求人を紹介してもらいやすくなりますよ。


また今回の転職に限らず、今後こんな仕事をしていきたい、こうなっていきたい、というキャリアプランもあれば、こちらもぜひ伝えておきましょう。

漠然としたプランであっても、キャリアアドバイザーと話すことで、自分の仕事観や価値観がはっきり見えてくることもあります。


転職先に求める条件の共有

転職先に求める具体的な条件を、キャリアアドバイザーへ伝えましょう。


伝えるべき条件には、主に

・職種や仕事内容
・給与関係
・転勤の有無や残業時間などの働き方
・休暇制度や補助金制度などの福利厚生
・会社の雰囲気

などがあります。


そしてここで大事なのが、求める条件の優先順位を伝えることです。

求人サイトなどを見てもわかるように、思いつく条件すべてを満たす求人はなかなかありません。自分の中での優先順位を伝えておくことで、その中でもより希望に近い求人を紹介してもらいやすくなります。


また条件を伝える際は、くれぐれも遠慮したり見栄を張ったりせず、ざっくばらんに話すようにしましょう。


求人紹介

面談で話した情報から、キャリアアドバイザーがすぐに紹介でき、あなたに合うと判断した求人があれば、その場で紹介を受けることがあります。一般的には、後日メールなどで紹介を受けることが多いようです。


キャリアアドバイザーは企業とやり取りをしているため、ある程度内情も聞くことができます。気になる点は積極的に質問しましょう。


もし初回面談中に応募先が決まった場合、履歴書や職務経歴書を改めてチェックし、アドバイスをもらえることもあります。

そのほかにも自分で気になっている点などがあれば、ぜひここで聞いておきましょう。


まずは『無料会員登録』!


転職エージェントとの面談で事前に準備することは?

準備すること


限られた面談の時間を、充実したものにするためには、事前の準備が肝心です。


たくさんの転職相談を受けてきたキャリアアドバイザーと話ができるのなら、その機会を効率よく活かさない手はないですよね。


とはいえ、本番の面接のように、完璧な自己PRを準備しておく必要はありません。自分の考えや本音を整理して、それをキャリアアドバイザーに説明できるように準備しておきましょう。


履歴書・職務経歴書の作成

面談の前に履歴書と職務経歴書を作成し、あらかじめキャリアアドバイザーに送っておきましょう


履歴書も職務経歴書も書くのが久しぶりすぎて正解が分からない!という場合も大丈夫です。書けるところはできる限り埋めて、わからない部分があれば、それを面談で相談するようにしましょう。


★履歴書の作成については、こちらの記事もご覧ください!


一般的に、履歴書・職務経歴書がなくても面談はできますが、その場合、基本的な情報を共有するのに時間や手間がかかり、もったいないです。

履歴書・職務経歴書を事前に送ることで、一から説明する必要がなくなり、キャリアアドバイザー側も、アドバイスや面談の方針をあらかじめ準備しておくことができます。


また、写真つきの履歴書・職務経歴書を事前に送っておけば、その日紹介された求人で応募したいものがあった場合、軽微な修正ですぐ応募できる可能性もあります。


まずは『無料会員登録』!


希望条件の整理

面談の前に必ず、転職先に求める具体的な条件を整理しておきましょう。


面談時はここで決めた条件をキャリアアドバイザーに共有し、求人を探してもらうことになります。事前に自分の中でじっくり考え、求める条件が固まっていないと、本当に自分に合った求人を探してもらえません。


さらにその条件の中で、優先順位もはっきりとつけておきましょう。


求めたい条件を挙げればキリがないものですが、「転職先に求める条件の共有」でもお話ししたとおり、それをすべて満たす求人はなかなかありません。ですが優先順位を決めておけば、そんな中でもより希望に近い求人を提示してもらえる可能性が高くなります。


まずは『無料会員登録』!


今後のキャリアプランの整理

面談時に質問されるキャリアプランについても、その場で考えるのではなく、あらかじめ準備しておきましょう。


キャリアプランは、今後のあなたの仕事人生における地図ともいえる大事なものです。だからこそ、急に聞かれると困ってしまいますよね。
また、以前考えたキャリアプランがあるという方も、久しぶりにじっくり考えてみると、以前と変わっている点があるかもしれません。


面談の前にいま一度、今後の目標やキャリアの積み方について考えてみることで、マッチ度の高い求人を紹介してもらえるだけでなく、本番の面接やその先のキャリア形成にも役立つはずです。


まずは『無料会員登録』!


転職成功のための面談のコツ

面談のコツ


面談内容をあらかじめ知り、事前準備をしっかり行えば、面談はかなりスムーズに進みます。

ここでは、その上でさらに転職成功に近づくための面談のコツを、3つご紹介します。


1. 本音で話す

2. 転職活動の状況を共有する

3. 企業に聞きにくいことを聞く


1. 本音で話す

面談では本音を隠さずに伝えることが何より大切です。


キャリアアドバイザーはあなたの言葉だけを頼りに求人を探します。そのため、ちょっとしたことでも隠さず伝えるのが、ミスマッチを避ける唯一の方法です。

転職の理由はポジティブなものばかりではないと思いますが、面談の内容が企業の選考に響くことはないので安心してください。


ただ、キャリアアドバイザーに解決できない現職の不平不満ばかりを聞いてもらう場ではないので、そこは注意が必要です。最低限のマナーを守り、快くサポートしてもらいましょう。


2. 転職活動の状況を共有する

複数の転職エージェントや転職サイトを利用している場合は特に、キャリアアドバイザーに転職活動の状況を共有しましょう。その目的は、2つあります。


一つは、重複応募を避けるためです。
同時期に同じ企業に複数回応募することは、企業の手間を増やして迷惑になります。もちろん、企業の担当者はすぐに気づきます。


もう一つは、スケジュールの調整をしやすくするためです。
各エージェントに他のサービスも利用していることを伝えておけば、他のサービスで選考が進み、いったんほかの企業の応募を見合わせたいときなどに、待ってもらうことができます。


なお、複数利用していることで悪い印象を与えたり、選考で不利になったりすることは一切ないので、安心してください。


3. 企業に聞きにくいことを聞く

給与のことや休日のことは、企業に聞きにくい一方で、とても大事なことですよね。

そんな、確認したいけど直接聞きにくいことがあれば、ぜひキャリアアドバイザーに聞きましょう


転職エージェントが把握している情報を教えてくれたり、そうでなければ、あなたに不利になることがないよう、代わりに企業に確認してくれたりします。


これができるのも、転職エージェント利用の大きなメリットです。


まずは『無料会員登録』!


転職エージェントとの面談、注意点は?

面談の注意点


転職関係のことなら、キャリアアドバイザーに聞いてはいけないことは基本的にありません。


ただし、キャリアアドバイザーと信頼関係を築くため、最低限のマナーとして

・ドタキャンや無断遅刻

・経歴の詐称

だけは、絶対にしないようにしましょう。


面談の日程変更やキャンセルはもちろんできますが、少なくとも前日までには伝えましょう。

また当日、のっぴきならない事情で面談時間に間に合わないときも、それが分かった時点で可能な限り早く電話を入れましょう。


また、経歴詐称が発覚した場合、転職エージェントを利用できなくなると考えましょう。
さらに選考後に発覚した場合は、企業から内定を取り消されたり、懲戒解雇になったりする可能性があります。


なお、多くの人が心配する「紹介された求人は全部応募しなければいけない?」という疑問について、答えは「NO」です。紹介された求人のなかで、応募したいものだけに応募して大丈夫ですよ。


まずは『無料会員登録』!


面談当日の持ち物・服装は?

●持ち物

・履歴書

・職務経歴書

・筆記用具


面談当日は、履歴書・職務経歴書を必ず手元に準備しておきます。


電話面談やWEB面談の場合、パソコンのデータを開いておくか、印刷したものを手元に用意し、すぐに説明したり加筆修正ができるようにしましょう。

対面の面談の場合は、印刷して持参します。筆記用具も忘れないようにしましょう。


●服装

・自由(※ただし清潔感があること)


電話面談以外の場合、服装も悩みの種になりますが、基本的には自由です。


WEBの場合も対面の場合も、スーツ・オフィスカジュアル・作業着など、清潔感があれば普段の仕事の服装でOKです。ただ、ビジネスマナーとして、Tシャツなどラフすぎる服装は避けましょう


対面の場合、上記に加えてボトムスはスラックスなどがおすすめです。清潔感のあるスカートも良いでしょう。
そのとき意外に盲点なのが靴とカバンです。あまりに汚れていたり、靴のかかとがつぶれていたりしないか、点検しておきましょう。


まずは『無料会員登録』!


建設業界特化の転職エージェント!
施工管理求人.comの転職支援サービス

転職エージェントとの面談は、最低限の準備と注意点さえ押さえれば、難しいことはありません。転職のプロであるキャリアアドバイザーを味方につけて、効率的に転職を成功させましょう。


また、希望する業界が決まっている方は「業界特化型」の転職サービスを利用すると、さらに効率的に転職活動を進めることができます。


これまで建設業に特化した求人サイトを展開してきた、当サイト「施工管理求人.com

このたび、満を持して転職支援(エージェント)サービスをスタートしました!


まずは以下から会員登録いただくと、メールで定期的に転職エージェントから役立つ情報をお届けします。


▼ ▼ ▼

まずは『無料会員登録』!


こちらもぜひ活用して、賢く転職活動を進めてくださいね!


建設業おすすめ求人

建設業の求人一覧