業界内の転職でも自己分析は必要?|理由や注意点などを解説!

目次

こんにちは、建設業に特化した求人サイト「施工管理求人.com」です。


「転職 やること」や「転職 進め方」などとネット検索すると、必ずと言っていいほど出てくるのが自己分析ですよね。


しかし、建設業界内での転職を考えている人の中には、「自己分析って本当に必要なの?」「今の仕事と転職先探しで忙しいのに、やる意味ある?」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。


今回はそんな方に向けて、業界内転職で自己分析をする意味や、自己分析をするときの注意点などについて解説していきます。

ぜひ転職活動の参考にしてみてくださいね!


建設業の求人はこちら


自己分析とはそもそも何?

自己分析とは、自分の考えや経験などをいろいろな方向から改めて掘り下げていくことで、客観的に自分を把握しなおす取り組みです。

それまで気がつかなかった自分の強みや価値観に気づけるため、仕事探しをはじめる前に行っておくことが効果的です。


自己分析のやり方は、紙に書き出す、診断テストを使う、人に聞くなど、さまざまです。


新卒時の自己分析との違い

自己分析は就職活動のときにやったことがある、という方も多いと思います。ただ、新卒時と転職時の自己分析には違いがあります


新卒時は、自分の特徴ややりたいことを見つけるため、学生時代に頑張ったことなどをもとに価値観や性格などを分析します。

対して転職時は、これまでの仕事で得た経験が次の仕事にどう活かせるか考えるため、仕事への取り組み方や考え方、身につけたスキルなども分析・整理します。


そのため、転職時の方が、より具体的で客観的な自己分析が求められると言えます。


建設業の求人はこちら


業界内転職でも自己分析は必要?

結論としては、「必要」です

もしあなたが今、「業界内の転職で自己分析は必要ないのでは?」と思っているとしたら、自己分析を選考突破のためだけの手段と考えているからかもしれません。


転職における成功とは、単に選考を突破することではありませんよね。その転職先が、本当に自分に合った転職先なのか、ということが重要です。


自分に合った転職先を見つけるためには自己分析をして、以下の2点を把握する必要があります。


「転職で叶えたいこと」を把握する

転職することで、自分の叶えたいこと・なりたい姿の実現に近づけるというのが、「自分に合った転職先」の特徴です。


そんな転職先を見つけるためにはまず、先入観を排して「転職することで何を叶えたいのか、どうなっていきたいのか」を明確にすることが大切です。


とくに業界内転職では、建設業の仕事をある程度知っているからこそ、他の業界への転職より先入観を持ちやすいという落とし穴があります。

もし自分が本当に叶えたいことを把握しないまま、例えば職種だけにこだわって転職してしまうと、働き始めてから「なにか違う、こんなはずじゃなかった」と後悔することになるかもしれません。


業界内の転職だからこそ、先入観によって見えなくなっているかもしれない「転職で叶えたいこと」の本質を、自己分析によって見つける作業が大事なのです。


「自分の強み」を把握する

転職先を選ぶ基準として、「自分の好きな仕事ができる」ということはもちろん大切です。
業界内の転職ではそれに加えて、「自分の強みが活かせる」という基準も大切にしたいところです。


なぜなら、同じ業界だからこそ、これまでの仕事の中で培った経験や強みをそのまま活かせる可能性が高いからです。自分の強みが活かせる仕事なら、転職後も早く活躍することができ、満足感につながります。


建設業に携わる人の中には、経験やスキルを尋ねられた際、資格や担当した工事の紹介などで終わってしまう人が一定数います。しかし、それではただ事実を述べたに過ぎません。


そこから強みを見つけ出すためには、資格取得や工事完了に至ったプロセスを噛み砕いて考える自己分析が必要です。
自己分析をすることで、自分がその経験から得た知識・教訓・考え方などの強みが、クリアに見えてきます。


建設業の求人はこちら


何について分析したらいい?

「自己分析が必要なことは理解できたけど、どこから手をつけたらいいかわからない!」という方も多いと思います。


大学生の就職活動では、「0歳から今までの自分史」のようなものをつくるよう勧められることがありますが、転職の自己分析ではその必要はありません。


すでに社会人として働いているなら、主に「仕事に求めること」「社会人としての自分のこと(価値観・経験・スキルなど)」「希望する条件や環境」の3軸について、仕事上の経験をもとに考えを掘り下げるのがオススメです。


建設業の求人はこちら


自己分析するときの注意点は?

自己分析をしていると、気づかぬうちに主観が入ってしまったり、何が正しいかわからなくなってしまったりと、難しいですよね。


せっかく貴重な時間を自己分析に割くなら、迷走を防ぐために以下のことに気をつけましょう。


過去のふりかえりで終わらせない

自己分析では、これまでの自分の経験やその時の考え方を分析するのも大事ですが、そればかりに時間を割きすぎないようにしましょう。


あくまでも自己分析は、今後の自分のキャリアを考えるために行うものです。

そのため、過去のこと以上に、その結果今はどんな価値観を持っていて、これからどうなりたいか、どんなことをしていきたいかという、現在や未来のことに重点を置いて考えましょう


「他己分析」も参考にする

自己分析でどんどん自分の内側に目が向いていくと、自分を客観的にとらえることが難しくなり、思い込みが発生したり迷走してしまったりすることがあります。


「自己」分析とは言いますが、それは自分ひとりで自分のことを分析しなければならない、ということではありません


人間は、自分が気づかない・気に留めていない面が他者からは見えていることがあり、時にはその面が強みと言えるものであったり、他者との関係性の中ではその面のほうが、その人の性質として的を射ていたりします。


仕事は他者との関わりなしにはできません。そのための自己分析も自分ひとりで考えこむのではなく、周りの人の意見を聞いて参考にしましょう


建設業の求人はこちら


自己分析をして、建設業での転職を成功させよう!

今回は、業界内の転職で自己分析が必要な理由や、行う際の注意点などについてご紹介しました。


自己分析は採用の選考を突破するためだけのものでなく、今後のあなたの人生の方向性を考えるための取り組みでもあります。
しっかりと自己分析をして、後悔のない転職を叶えてくださいね。


建設業で転職するなら、ぜひ「施工管理求人.com」をご活用ください!


建設業の求人はこちら


建設業おすすめ求人

建設業の求人一覧