転職活動にかける期間は?|転職活動の段階別に、長引かせないコツをご紹介!

目次

これから転職活動を始めようとしている方にとって、「転職先が決まるまでに、どのくらい時間がかかるのか」というのは、気になるポイントですよね。


そこでこの記事では、転職活動にかかる期間の目安と、転職活動が長引いてしまう要因についてご紹介します。ポイントを押さえて、効率的に転職活動を進めるために、ぜひ参考にしてみて下さいね。


転職活動にかける期間の目安

平均は「3ヶ月~6ヶ月」

転職活動にかかる平均的な期間は「3ヶ月~6ヶ月」程度と言われています。


そのため、もし「この時期までに転職先を決めたい」という希望がある場合は、ゴールから逆算してスケジュールを立てるのがオススメです。たとえば、「4月までに転職活動を終わらせたい」という方は、前年の10月頃から転職活動を始めると、理想に近いスケジュールで転職を進められるかもしれません。


転職活動の流れ

転職活動の大まかな流れを把握しておくことで、より計画的に転職を進めることができます。ここでは、一般的な転職活動の流れと、各ステップにかかる期間の目安をご紹介します。


<転職準備・情報収集:約2週間~1ヶ月>

まずは、自分が転職で何を実現したいのか整理するため、自己分析を行いましょう。
希望条件がある程度まとまったら、転職したい職種の業界研究や、採用に関する情報収集を行いましょう。


求人情報の収集は、インターネットや雑誌で調べる方法、公共職業安定所(ハローワーク)を利用する方法、転職エージェントに相談する方法など、様々なやり方がありますので、自分に合ったものを選びましょう。「どれが良いか分からない」という方は、まずは一番手軽な「インターネットでの情報収集」をオススメします。


★施工管理技士など、建設業の求人をお探しの方は、当サイト「施工管理求人.com」も是非ご活用ください。


<応募・面接:約2ヶ月~3ヶ月>

希望条件に合う求人が見つかったら、応募してみましょう。求人によっては、面接前に書類選考が設けられている場合もありますので、履歴書や職務経歴書も用意しておきましょう。


なお、インターネットの求人サイトから応募する場合は、各サイトに用意された応募フォームにて、WEB履歴書の入力を求められることが多いです。自分が利用する媒体の応募方法については、事前に確認しておきましょう。


書類選考を通過したら、いよいよ面接に進みます。面接の回数は企業により異なりますが、2~3回程度の場合が多いようです。
面接時に気を付けるべきマナーや、想定される質問などを事前に確認しておくと、比較的リラックスして面接に臨めますよ。


<内定・退職:約1ヶ月~2ヶ月>

企業から内定をもらったら、承諾または辞退の連絡をしましょう。内定を承諾した場合は、入社日の相談や必要書類の準備などを進めていくことになります。


もし仕事を続けながら転職活動を進めていた場合は、在籍している企業での退職手続きも行います。退職の意思を伝えるタイミングは、就業規則で定められている場合が多いので、確認しておきましょう。


転職活動が長引く要因

ここまで、転職にかかる期間の目安をお伝えしてきましたが、いざ転職活動を始めてみると、「想定通りに進まない」場面も出てくると思います。ですが、あらかじめ「転職活動が長引く要因」について把握しておけば、焦らずに計画を見直すことができます。


そこで今回は、先ほどご紹介した転職活動の段階ごとに、注意すべきポイントをまとめました。ぜひ参考にしてみて下さいね。


転職準備~情報収集

この段階で注意すべきポイントは、転職の方向性をきちんと定めることです。


「とにかく今の仕事を辞めたい!」という気持ちだけで転職活動を始めてしまうと、「転職した結果どうなりたいのか」が曖昧なまま、求人を探すことになります。そうすると、結果として「応募したい」と思える求人を見つけるのに時間が掛かってしまいます。また、応募後・入社後のミスマッチにも繋がりやすいため、大幅な時間のロスが発生してしまう場合もあります。


したがって、この段階で重要なのは

● 転職したい理由・目的は何か?
● どんな仕事・企業なら、自分の目的が達成できそうか?
● 自分が企業に提示できる強みは何か?

といった前提条件を洗い出し、整理してみることです。この作業にきちんと時間を掛けることで、結果的に転職活動の期間短縮に繋がりますので、「方向性が定まっていなかった」という方は、ぜひ実践してみて下さいね。


応募~面接

この段階で注意すべきポイントは、一度に応募する求人の数です。


「まずは1社応募してみて、駄目だったら次の企業に応募」という進め方をしていると、内定承諾に至るまで、想定以上の時間が掛かってしまいがちです。
また、「求人情報を見る限りだとA社が第1志望だったが、面接を受けてみた結果、B社の志望度が上がった」というケースも少なくありません。


より納得のいく形で転職活動を終えるためにも、複数社に並行して応募することをオススメします。


内定~退職

この段階で注意すべきポイントは、現職の退職手続きです。


内定承諾時点で、すでに退職が完了している場合は問題ありませんが、在職しながら転職活動を進めていた場合は、注意が必要です。よくあるのは、「退職の交渉に思ったより時間が掛かってしまった」というケース。円満に退職し、気持ち良く新しい会社へ移るためにも、退職の意思は余裕を持って伝えるようにしましょう。


また、後任の方へスムーズに業務を引き継げるよう、自分が担当している業務内容を整理したり、必要に応じてマニュアルを用意したりと、できる範囲で事前準備を進めておくと、より安心です。


計画を立てて、効率的な転職活動を!

転職は、今後の人生を左右する大きな分岐点。そのため、転職活動は一概に「早く終われば良い」というものではありません。


とは言え、あまり長引かせると、モチベーションが下がってしまうのも事実。そこで重要なのが、ムダを省き、効率的に転職活動を進める工夫です。転職活動の流れと、各段階にかかる期間の目安、そして注意すべきポイントを把握することで、転職活動はスムーズに進めることが出来るのです。


「これから転職を考えている」という方も、「転職活動がうまくいっていない」という方も、是非この記事を参考に、転職活動の計画を立ててみて下さいね。