建設業界に転職する手段は?|異業種から挑戦する人におすすめの方法

目次

こんにちは、建設業に特化した求人サイト「施工管理求人.com」です。


他の業界から建設業への転職を考えている方にとって、「どんな手段・方法を使って転職するのがよいか」というのは、気になるポイントですよね。

「転職自体が初めてで不安」という方も多いのではないでしょうか。


この記事ではそんな方に向けて、建設業に転職する5つの手段と、その中で特におすすめの方法をご紹介します。

あわせて、初めての転職に役立つ情報もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!


建設業の求人はこちら


建設業に転職する手段5つ

はじめに結論から言うと、建設業に転職するなら、まず「建設業界特化型の転職サイト」を使うのがおすすめです。


「建設業界特化型の転職サイト」は、一般的な転職サイトと違って、建設業の転職だけに特化しているのが特徴です。詳しくは後ほど「手段1:転職サイト」の中でご説明します。


とはいえ、希望する転職の進め方によって、最適な手段は変わってきます。
建設業に転職する5つの手段それぞれの特徴を理解して、自分に合った手段を選びましょう


手段1:転職サイト

転職サイト(求人サイト)の良い点は、自分の希望に合う求人を好きな時に好きなだけ探せる点、出会える求人数が多い点などです。自分のペースで転職活動を進めたい人には、一番適した方法と言えます。


ただ、弱点もあります。
掲載数が多い総合求人サイトは、多様な分野の仕事を掲載しているため、検索で絞り込む条件を探すだけで一苦労です。建設業に転職したい人にとって、それ以外の求人がたくさんあることは、逆に希望の求人を探す障害になってしまいます。


●建設業に転職するなら、建設業に特化した転職サイトを!

建設業に転職したい方におすすめなのが、業界に特化した転職サイトです。
建設業専門のサイトなら、すべての求人が建設業の求人なので、希望に合った仕事を見つけやすいと思います。


建設業に特化した求人サイト「施工管理求人.comではさらに、建設業の転職や仕事について、気になる情報をまとめた記事もたくさん掲載していますよ。


★おすすめ記事はこちら!


建設業の求人はこちら


手段2:転職エージェント

転職エージェントは、転職したい人と採用したい企業との間に立って、橋渡し役を担います。
求人の紹介や電話面談、場合によっては応募書類の添削なども頼めるため、担当者に相談してアドバイスをもらいながら進めたい人には向いていると言えます。


その反面、担当者との密なやり取りが必須となります。また、自分の希望と違う仕事を勧められることもあります。
現在の仕事が忙しい人や、はっきり断るのが苦手な人は、煩わしいと感じるかもしれません。


手段3:ハローワーク

ハローワーク(公共職業安定所)は、職業紹介をしてくれる、国運営の機関です。
地元の中小企業の求人が多く集まっているので、地元での転職を希望する人に向いています


ただ、転職サイトやエージェントと違い、募集企業側も無料で求人を出せるため、「とりあえず出しておく」という企業も多いのが実態です。そのため、全体的な求人の質や1求人の情報量は、ほかの手段と比べて良いとは言えません


また、ハローワークをつかう利点は、職につくまでの様々なサポートを受けられる点ですが、そのためにはハローワークに通う必要があります。仕事をしながら転職先を探す人には向いていないでしょう。


手段4:直接応募

企業のホームページに掲載されている求人に、直接応募する方法もあります。
希望の企業がはじめから決まっている人にとっては、いちばん手っ取り早い手段と言えます。


特に人気企業などは、転職サイトやエージェントに掲載・依頼をしていない求人があるかもしれませんので、こまめにチェックしましょう。


ただ、その企業の求人はいつもあるわけではありません。どうしてもその企業でなければならない理由がある場合以外は、少し視野を広げて探しましょう。転職活動の過程で、それまで知らなかった面白い企業が見つかることも多く、いい求人に出会える確率が上がりますよ


手段5:縁故採用

縁故採用は、知り合いや親族のつながりで紹介を受ける方法です。建設業では今も、意外とよくとられる転職手段です。


身元や人格がある程度割れている安心感もあり、紹介してもらえれば、採用確率は他のどの方法よりも高いと言えます。
その反面、紹介してもらう会社を自分で選べないという難点があります。


周りに面倒見のよさそうな建設業の方がいる場合は、ぜひ話を聞いてみましょう。


初めて建設業に転職するなら

初めての転職を考えているときは、転職の手段以外にも、いろいろな不安や疑問が出てきますよね。
そんな時は、以下を参考にしてみてください。


複数の手段をつかうのも手

初めての転職でどの手段をとればいいか不安な人は、同時にいくつかの手段を使ってみるのも有効な手です。


例えば、転職サイトと転職エージェント、そして縁故採用の併用です。

真っ先にはじめやすい転職サイトでの仕事探しをメインとしながら、その間ほかにもいい求人があればエージェントに紹介してもらい、応募書類の添削などのバックアップも受けます。

さらに、知り合いにも転職活動中であることを伝えておき、いい話があれば誘ってもらいます。


こうすることで、偏りなく幅広い情報を集めることができ、結果として納得のいく転職先を見つけることにもつながります

なおこの方法は、転職活動に効率を求める人にもおすすめです。


建設業の求人はこちら


ほかの記事も読んで準備を進めよう

転職で気になることは、転職手段のほかにも様々ありますよね。

ここでは、転職や建設業への理解に役立つ、おすすめの記事をご紹介します。初めての建設業への転職でも、これを読めばイメージが湧いてくるはずです!


~建設業の転職に役立つ記事~

★転職活動を始めるときにおすすめの記事

転職成功のためには、実は転職活動を始める前の準備がとても大切です。


★求人を探すときにおすすめの記事

大量の求人の中から希望にあう求人を見つけるのは、意外と骨の折れる作業です。


★応募書類作成~面接の準備におすすめの記事

誰もが戸惑ってしまう応募・面接段階ですが、ここまで来たら内定獲得までもうすぐです。


★内定後、退職や入社の準備におすすめの記事

内定をもらったあとが一番トラブルが発生しやすいこと、知っていましたか?



~建設業について知れる記事~

★業務内容を知りたいときにおすすめの記事

意外と知らなかった業務内容を知ると、選択肢が広がります。


★働き方を知りたいときにおすすめの記事

自分が働く姿をイメージするには、その仕事の働き方を知る必要があります。


★建設業の資格を知りたい・取りたいときにおすすめの記事

建設業の仕事はバラエティに富み、関連資格も想像以上にたくさんあります。


施工管理求人.com」では上の記事以外にも、たくさんの役立つ情報を発信しています。ぜひ活用してみてくださいね!


建設業の求人はこちら


まとめ

この記事では、建設業に転職する5つの手段に加えて、初めての転職に役立つ情報もご紹介してきました。


転職活動は、今後の仕事との向き合い方や、生き方までもを考える、貴重な時間です。
業界特化型の転職サイトや、それ以外の手段を上手に使って、希望にあった転職をかなえましょう。


建設業の求人をお探しの際は、ぜひ「施工管理求人.com」をご活用ください!


建設業の求人はこちら


建設業おすすめ求人

建設業の求人一覧